HOME > Blog > 『聖なる泉の少女』

Blog

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

『聖なる泉の少女』

創世記1章2節 •••神の霊が水のおもてをおおっていた から始まりました。 静かな静かな映画でした。 四人の男たちに担架で運ばれて来る男の図は、まるでイエスの前に屋根をはいで病人を吊り下ろすシーンのように感じましたね 女は優しく水を額に塗ります 何の力みもなく静かに ずっとずっと静かで 兄達がでてきます それぞれに 生き方が違ってしまった 女は父が守ってきた水をまもり 病んだ者たちを癒す 男が出てきて、女に絶景を見せたいという ここでも水が出て来る ターニングポイントかも ボーンアゲイン的。(追記:ではなく、まるで洗礼みたい) そんなセリフ 映像が綺麗で静かで 静かに語りかけてきました、わたしには

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >