HOME > Blog > アーカイブ > 2019年1月

Blog 2019年1月

『 最後のランナー』



最後のランナー

On Wings of Eagle

2016 アメリカ・中国・香港

監督:スティーヴン・シン

ジョセフ・ファインズ ショーン・ドウ


炎のランナーで有名になった エリック リデル

パリ オリンピックで 金メダルを獲得した彼は

その後、宣教師となり

生まれた中国 天津で宣教師として活動していた が、

日本軍の占領下、収容所入れ られてしまう、そして・・・

なのだが、

彼がどんな人間だったのかが

描かれた映画で

それをその目で その肌で感じれば

いい映画だと そう思います。

エリック リデルは ぶれることのない

神を愛する人 であった。

その生き様に心が動く。

『 メアリーの総て 』 Mary Shelly 


メアリーの総て

Mary Shelly
2017 アメリカ / イギリス / ルクセンブルク

監督・脚本:ハイファ・アル=マンスール

出演:エル・ファニング ダグラス・ブース  トム・スターリッジ
   ベル・パウリー ベン・ハーディ スティーヴン・ディレイン

19世紀、イギリス

作家を夢見る、メアリー・シェリーの物語

彼女に影響を与えた父と母のこと

異端の天才詩人との出会い、道ならぬ恋

様々な経験があったこと

苦悩と悲しみの最後に生まれたのが

フランケンシュタインという小説なのですが・・・

そんな映画なのですが・・・

ああ,良かったね。と思えました。

エル・ファニングが素晴らしい!


まずはフランケンシュタインを読みたいと思いました。

何も知っちゃいないから。







『 家へ帰ろう 』



家へ帰ろう

原題:EL UL TIMO TRAJE

2017 / スペイン・アルゼンチン

監督・脚本:パブロ・ソラルス

出演:ミゲル・アンヘル・ソラ アンヘラ・モリーナ 

年が明け、2019年初めての映画館での鑑賞。

映画のトレーラーで内容はわかります。

重い内容でありながら、ところどころ笑わせてくれる。

言葉で語られるその事実にこころを揺り動かせられる。

映像もなく伝わるその事実に涙はながれる。

心に届く映画でした。


1

« 2018年10月 | メインページ | アーカイブ | 2019年10月 »

板橋専用予約ページはこちら

オーガニックカラー・ヘナカラー・白髪染め特設ページはこちら