HOME > Blog > 映画 > River Phoenix 

Blog

< Prev  |  一覧へ戻る

River Phoenix 



Until Now River Phoenix

There's a light that shines forever
There's a light that shines for me
There's a light,my footsteps guiding
For I've been hiding,until now

『愛と呼ばれるもの』1993年 日本未公開

この映像は愛と呼ばれるものワンシーンである。

なかなかいけている。

カントリーのメッカ、ナッシュヴィルに

歌手として成功を夢みる男と女のはなしである。

ここには『スピード』でブレイク前の

サンドラ・ブロックも歌を歌っている。ミス・キャンパス。

サマンサ・マシスも成功を夢見るひとり。

ここでリヴァーに出会い付き合いが始まる。

監督はピーター・ヴォㇰダノヴィッチ

好きな映画に『ペーパー・ムーン』がある。


1993年10月31日にリヴァーはこの世を去ってしまった。

ショックだったし、残念でならなかった。

リヴァー・フィニックスを偲ぶ


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

『コリーニ事件』The Collini Case



コリーニ事件

THE COLLINI CASE

2019  ドイツ 123分

監督 マルコ・クロイツパイントナー

原作 フェルディナント・フォン・シーラ

キャスト  エリアス・ムバレク アレクサンドラ・マリア・ララ
      ハイナー・ラウターバッハ マンフレート・ツァパトカ


新人の弁護士ライネンは殺人犯コリーニの公選弁護人になる。

被害者は大物実業家のマイヤー。

マイヤーはライネンにとっては恩人なのである。

コリーニはかたくなにその動機を語らない。

その殺人の動機はなんなのか?

それが明らかになってくるわけだが、

それは国家を巻き込む大騒動へと・・・

正義とは!












『幸せへのまわり道』トム・ハンクス新作




幸せへのまわり道 

A Beautiful Day In The Neighborhood 

2019   アメリカ 109分

監督  マリエリ・ヘラー

キャスト  トム・ハンクス マシュー・リス クリス・クーパー


大物司会者フレッド・ロジャースの記事をまかされた

雑誌記者ロイド・ボーケルの友情が描かれています。

まさに、創刊された記事をもとに映画はつくられたみたいです。

記事を書く為の最初のインタビューで

フレッドはロイドの抱えている問題を感じとるのです。

ロイドのインタビューは一回で終わらずに数回に及びます。

フレッドの人柄だけではない何かが引っ張っていくのです。

引っ張られていくが正解でしょうか。

フレッドは子供相手の司会者なのですが

その洞察力と優しさには、心うたれるものがあります。

彼は、聖書を読み、名前をあげて祈る人だったみたいです。

最後に思ったことは

フレッドは神のワザを行う人だった。

彼は完全でもなければ、聖人でもない。

それでも神のワザを行う人だった。

わたしはそう思う。

トム・ハンクスは凄い。



























『レイニーデイ イン ニューヨーク』 ウディ アレン新作



レイニーデイ イン ニューヨーク 2019年 アメリカ 92分

A Rainy Day in New York   

監督・脚本 ウディ アレン

キャスト
ティモシー  シャラメ エル ファニング セレーナ ゴメス
ジュード ロウ  ディエゴ ルナ  他

久しぶりのウディ アレン

まずは、楽しかった。ちょっと笑えた。

雨が降るニューヨークで

New Yorkのお坊ちゃんと

Arizonaのお嬢さんの

恋のゆくえは………

ティモシーが演じるギャツビーのピアノ良かった。

もう一度聴きたい。もう一度歌を聴いてみたいな。

軽い気持ちで観て、軽く笑ってくださいな。




 


『12年後のラヴソング』原作 ニック・ホーンビィ



12年後のラヴソング (2018) 日本公開(2020)
Juliet , Naked
アメリカ・イギリス
 
監督 ジェシー・ぺレッツ

原作 ニック・ホーンビィ

キャスト
ローズ・バーン イーサン・ホーク


ニック・ホーンビィの原作となれば観ないわけにはいかない。

イーサン・ホークも出てるとなればなおさら

早速観てきました。

突然に音楽シーンから姿を消したタッカー

そのタッカーを崇拝するダンカンはアニーの恋人

タッカーには何の興味もないアニーは

彼の歌に批判的なレヴューを投稿する

するとタッカー本人から君は正しいとメールが来る。

それから二人はメールのやりとりをすようになり………


劇中の音楽にちょっとふるえる

楽しく観れて面白い。

タッカーの子供の男の子の髪がいかしてた

イーサンも子供の頃はかわいかった

リヴァーとの共演があったよね。







 


『デッド・ドント・ダイ』 (2019) ジム ジャームッシュ新作



デッド・ドント・ダイ  (2019)

The Dead Don’t Die

104分  アメリカ

監督・脚本

ジム ジャームッシュ

キャスト

ビル マーレイ , アダム ドライバー , ティルダ スウィントン
スティーヴ ブシェミ, ダニー クローヴァー ほか


ゾンビ映画。

ドラマのウォーキング デッドでゾンビには慣れた。

予告にスティーヴ ブシェミを発見し、

これは観るしかないと そして、監督がジャームッシュならなおさらだ。

ちょっと変わり種のゾンビ。笑えるんだけど悲しい。

謎の日本刀を持つティルダは、これもまたなんじゃ・・・でした。

まあ、変な映画です。

板橋専用予約ページはこちら

オーガニックカラー・ヘナカラー・白髪染め特設ページはこちら