HOME > Blog > 映画 > ABE 『エイブのキッチンストーリー』

Blog

< Prev  |  一覧へ戻る

ABE 『エイブのキッチンストーリー』



原題 :ABE

エイブのキッチンストーリー

2019 アメリカ・ブラジル 85分

監督 フェルナンド・グロスタイン・アンドラード

キャスト ノア・シュナップ セウ・ジュルジ ダグマーラ・ドミンスク

ニューヨーク・ブルックリン生まれのエイブは12歳。

母はイスラエル系。父はパレスチナ系

母方にはアブラハムと呼ばれ、父方にはイブラハムと呼ばれる。

複雑な環境の中ですよね。

集まれば文化と宗教の違いでぶつかってしまう。

アイデンティティーに悩むよね。

エイブは亡くなった、母方の祖母の影響で料理好き。

将来はシェフになりたいと思っている。

フュージョン料理人のブラジル人のシェフ、チコと知り合いになり

自分にしか作れない料理で家族をひとつにしようとします。

けなげなエイブです。

料理の映像がきれいです。

そして今どきのSNS。

楽しめる映画です。うまみがきいてます。




 

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

ノッティングヒルの洋菓子店 Love Sarah



ノッティングヒルの洋菓子店 

Love Sarah (2020) England

監督 エリザ・シュローダー

キャスト セリア・イムリー シャノン・ターベット 

     シェリー・コン  ルパート・ペンリー=ジョーンズ


ストーリーは予告編で楽しめます。

ちょっとした逸話があったりです。

楽な気持ちで見れます。

余分なものは削ぎ落としたストレートな感じかな。


I can only imagine


 

l can only imagine  (2018)
アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌

監督 ジョン・アーウィン
   アンドリュー・アーウィン


キャスト J・マイケル・フィンリー デニス・クエイド

詩は10分で、曲も10分で出来た。
この曲の作者バート・ミラーはそう言う。
そんなわけないでしょう、これはそんな簡単には出来ない。
そして物語は始まる。

この歌の詩に触れた瞬間に

そのサウンドに

わかってくるものがある。

そして、慰めや励ましを受け

目の前の山のはるか彼方に目を上げ

喜びと力を見出した多くの人々がいるのだ。

奇跡の歌。

バート・ミラーから生まれた歌。

I can only imagine 

映画はシンプルだが
語って来るものは大きい。

歌の力かな。

因みにこの歌はエイミー・グラントで初めて聴いていた。

エイミー・グラントは
クリスチャンミュージックシーンのアイコンです。


アメリカではクリスチャンをターゲットとした商業が
成り立っている。。
クリスチャンのクリスチャンだけのための商業が成立している。
そしてクリスチャンミュージックがある。






   

 


River Phoenix 



Until Now River Phoenix

There's a light that shines forever
There's a light that shines for me
There's a light,my footsteps guiding
For I've been hiding,until now

『愛と呼ばれるもの』1993年 日本未公開

この映像は愛と呼ばれるものワンシーンである。

なかなかいけている。

カントリーのメッカ、ナッシュヴィルに

歌手として成功を夢みる男と女のはなしである。

ここには『スピード』でブレイク前の

サンドラ・ブロックも歌を歌っている。ミス・キャンパス。

サマンサ・マシスも成功を夢見るひとり。

ここでリヴァーに出会い付き合いが始まる。

監督はピーター・ヴォㇰダノヴィッチ

好きな映画に『ペーパー・ムーン』がある。


1993年10月31日にリヴァーはこの世を去ってしまった。

ショックだったし、残念でならなかった。

リヴァー・フィニックスを偲ぶ


『コリーニ事件』The Collini Case



コリーニ事件

THE COLLINI CASE

2019  ドイツ 123分

監督 マルコ・クロイツパイントナー

原作 フェルディナント・フォン・シーラ

キャスト  エリアス・ムバレク アレクサンドラ・マリア・ララ
      ハイナー・ラウターバッハ マンフレート・ツァパトカ


新人の弁護士ライネンは殺人犯コリーニの公選弁護人になる。

被害者は大物実業家のマイヤー。

マイヤーはライネンにとっては恩人なのである。

コリーニはかたくなにその動機を語らない。

その殺人の動機はなんなのか?

それが明らかになってくるわけだが、

それは国家を巻き込む大騒動へと・・・

正義とは!












『幸せへのまわり道』トム・ハンクス新作




幸せへのまわり道 

A Beautiful Day In The Neighborhood 

2019   アメリカ 109分

監督  マリエリ・ヘラー

キャスト  トム・ハンクス マシュー・リス クリス・クーパー


大物司会者フレッド・ロジャースの記事をまかされた

雑誌記者ロイド・ボーケルの友情が描かれています。

まさに、創刊された記事をもとに映画はつくられたみたいです。

記事を書く為の最初のインタビューで

フレッドはロイドの抱えている問題を感じとるのです。

ロイドのインタビューは一回で終わらずに数回に及びます。

フレッドの人柄だけではない何かが引っ張っていくのです。

引っ張られていくが正解でしょうか。

フレッドは子供相手の司会者なのですが

その洞察力と優しさには、心うたれるものがあります。

彼は、聖書を読み、名前をあげて祈る人だったみたいです。

最後に思ったことは

フレッドは神のワザを行う人だった。

彼は完全でもなければ、聖人でもない。

それでも神のワザを行う人だった。

わたしはそう思う。

トム・ハンクスは凄い。



























板橋専用予約ページはこちら

オーガニックカラー・ヘナカラー・白髪染め特設ページはこちら